紙漉き体験をしてきました!

2013年04月26日

私からのブログ更新は初めてとなります。
初めまして制作部の中山です。

だんだん暖かくなって来て、ついつい外に出たくなる季節ですね。
私達 室町のスタッフも撮影等で外に出る機会が増えております。
そんな中 今回は総勢7名で紙漉き体験に行ってきたのでご紹介します。

お世話になったのは「楽紙舘」さん。
紙の専門店さんなのですが、その奥に紙漉きの体験スペースがありました。
決して狭くはないのでしょうが、道具などで埋め尽くされた部屋に7人入ると結構狭く感じます。
先生も2,3人ついて丁寧に教えて下さったので安心して作業出来ました。

まずは紙が出来るまでの話。
その後に先生がお手本を見せて下さいました。
やっぱり先生は上手だと体験後に皆が実感するほど綺麗な仕上がり。

和紙の原料
説明は材料から丁寧に教えて下さいました。
画像の上3つ「楮(コウゾ)」「三椏(ミツマタ)」「雁皮(ガンピ)」は紙になる木。
一番下の「トロロアオイ」は紙をくっつける為の材料だそうです。
実際に材料の、中がスカスカ木やトロロアオイのドロドロの状態を見て触らせてもらいました。
後から聞いたのですが人工的な材料を使うと紙の繊維が痛んで弱くなるらしいです。
その為 強い和紙ほど天然の素材のみを使用しているとの事。

↓クリックで拡大できます。
20130424-02.jpg
続いて紙を漉く為のスペースです。
手前の白いのが紙が溶けたものです。
既にトロロアオイも入ってます。

奥に見える木枠が紙を漉く為の道具。
この枠と簾を組み合わせて、紙の素を漉きます。

いよいよ実際に体験です。
20130424-03.jpg
先生は一発で奇麗に漉いていたのに、スタッフは7人中6人は「薄すぎる」と
言われて2回続けて漉いていました。
上手にすくえてないのか、振り方が駄目なのか、皆ムラになって
分厚いところと薄いところがあるようです。

紙を漉いた所
紙を漉いた所です。これは色紙サイズ。

次に、漉いた紙の上に、色を付けたり飾りを入れたりします。

↓クリックで拡大できます。
色付け用
色付け後


右2つが色を付け用、左下は和紙を小さく切った短冊が入っていて、左上は短冊が剥がれないように上からかける「紙の素」を薄めたものです。


思い思いに色付けや飾り付け。ここが1番楽しんでる人が多かったのではないでしょうか。


20130424-07.jpeg
上手にできました。これは名刺サイズ。

簾から布に移します。

↓クリックで拡大できます。
簾から布へ
水気を切る


力を入れずにコロコロ、軽く水気をとると、うまく簾から布に移すことができます。



実際はたくさん重ねて乾燥させたりするようですが
今回は体験という事で時間短縮。機械の力をお借りします。
20130424-10.jpg
掃除機のような機械で一気に水分を吸い取ります。
大分 紙らしくなりました。

20130424-11.jpg
最後に乾かせて紙にするのですが、今回は大きな鉄板のような機械に
紙を貼付けて刷毛で内から外へ。
紙の外側の繊維が毛羽立っているのはこれが理由だったんだと皆で納得しました。

↓クリックで拡大できます。
竹串を使って剥がす
50℃の鉄板から剥がす


15分ほどしたら、丁寧に剥がして…
鉄板の熱さは50℃。触れなくはないけど、ずっと触っているとやっぱり熱いです。


綺麗に剥がせたら完成です。

↓クリックで拡大できます。
20130424-15.jpg

作業を始めてしまうとあっという間に終わった体験でした。
途中 乾燥を待つ間に店内を見て回っていたのですが、和紙は和紙でも種類がたくさん。
1枚1枚が色や厚みが微妙に違って見ているだけで楽しいですね。

体験の後に先生にいろいろ話を聞いていたのですが、
こうして出来た和紙は水に溶かすとまたはじめの白い液体の状態に戻るらしいです。
先生が見本で作った紙等は液体の状態に戻して再度使うとの事です。

そして和紙はやっぱり紙なので水には弱いのですが、素材自体はとても丈夫だそうです。
特に天然の素材を使った和紙は繊維が丈夫なので手ではなかなか破けません。
私自身も昔「黒谷和紙」という和紙が破けないと聞いて、破こうとしたのですが全く駄目でした。
紙はすぐに破けるものという概念がひっくり返って、すごく感動した事を覚えています。

皆さんも機会があれば和紙に触れてみて下さい。
知らなかった事がたくさん知れて、とても勉強になった体験でした。
いろいろ質問しても丁寧に答えて下さったり、1つ1つの作業を丁寧にサポートして下さった
楽紙舘さんの方々ありがとうございました。

○楽紙舘(紙漉き体験教室)のサイト
posted by muromachi at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお店

新緑の京都御苑

2013年04月23日

制作部のはやしです。

昨日は撮影で京都御苑(市民の間では「御所」と呼ばれ親しまれています)
へ行ってきました。
よく晴れた空のもと、暑くなってきたら木陰で休憩しつつ、
撮影も快調に進みました。

13gosho01.jpg
青空に新緑がよく映えます。

13gosho02.jpg
遅咲きの八重桜がかろうじて花をつけています。
風が吹くと一面が花吹雪になり、きれい!!

13gosho03.jpg
小川沿いには色あざやかな八重山吹が早くも満開です。

13gosho04.jpg
平日の午後は時間がゆったり。御所の中にいるとなおさら・・・。
都会の喧噪を忘れられます。

桜のまわりではお花見を楽しまれている方がいたり、犬の散歩をされる方、
海外からの旅行者、ピクニック中の女子(傍らに自転車)などなど、
それぞれが思い思いに過ごしているようでした。

今度は休みの日に本を読みにゆっくり訪れたい!と心から。
皆様も京都にお越しになった際にはぜひ。
posted by muromachi at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の四季

贈伝リニューアルオープン!

2013年04月08日

制作部のはやしです。
桜は見頃が過ぎ、花びらを落とすと同時に新緑の緑が
にょきにょきと伸びはじめている、そんな春うららの本日、
オンラインショップの贈伝(おくつた)が、
物販専門のショップとしてリニューアルオープンしました!

すっきり見やすいサイトに変わり、商品の魅力をよりわかりやすく
お伝えできるようになりました。お買い物の仕組み自体は変わっていませんので
これまでご利用いただいていた方もスムーズにお使いいただけるかと思います。
オンラインショップ『贈伝』

今のところ、nanoblockつきのカード『nanoblock年賀状』『nanoblockクリスマスカード』『nanoblockポストカード』のみの販売ではありますが、
今後新商品も追加されていく予定ですので、ぜひご期待ください。

そして、リニューアル記念として、非売品ポストカードを先着でプレゼント!
&完売して入手困難になっていた辰年版のnanoblock年賀状を僅少ですが
販売いたします!どちらもなくなり次第終了いたしますので、お早めに〜。

【先着プレゼント特典】
nanoblockシリーズのいずれかの商品をお買い上げいただいた方に
先着で、カモ親子のポストカード(ブロックはついていません)を
1枚プレゼントいたします。数に限りがありますのでなくなり次第終了します。

【nanoblock年賀状バックナンバーの販売】
メーカー在庫としてわずかに残っていた辰年のnanoblock年賀状を
リニューアル記念として在庫限りで販売いたします。
1商品につき、1個までの限定販売とさせていただきます。
在庫がなくなり次第、終了となりますのでご了承ください。
「nanoblock年賀状・辰」商品一覧

今後とも贈伝をどうぞよろしくお願いします!

http://www.okutta.com/
posted by muromachi at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 贈伝(おくつた)

圓光寺の椿

2013年04月04日

制作部のはやしです。

昨日のブログでも書かれていましたが、
私も詩仙堂・圓光寺のお花見に参加してきました。
どちらのお寺も桜がメインというわけではないのですが、
椿が見頃を迎えており、お庭に彩りを添えていました。

私が気になったのは、圓光寺で見かけた珍しい椿。
enkoji-tsubaki01.jpg
↓クリックで拡大できます。
enkoji-tsubaki02.jpg
八重咲き、千重咲きの椿はよく見かけるのですが、
どうやらこちらは「獅子咲き」と呼ばれるタイプのものだそうで、
フリルのような細かい花びらがぎっしりと詰まっています。

この椿を調べるのに「椿 品種」で検索してみたところ、
数百の種類があるということで、驚きました。

京都のお寺は桜の名所も多いですが、椿の植えられているところも
たいへん多いので、普段は見かけない品種も目にすることができます。
桜に飽きたら(飽きないか…)、椿に目を移してみてもいいですね。おすすめです。

◎圓光寺には、日本最古と言われる木版活字が収められており、
資料室で版木を見ることができます。こちらもおすすめ。
posted by muromachi at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の四季

詩仙堂・圓光寺に行ってきました!

2013年04月03日

特販部の渋谷です。

昨日、スタッフ4人で洛北までお花見に行ってきました!

といいながら、肝心の桜はほとんどなかったのですが、
詩仙堂の庭園を満喫してきました。

広い庭園に、椿やボケなどがぽつりぽつりと咲いていました。
雨模様でしたが、しっとりした雰囲気でそれもまたよかったです。

shisendo1.jpg
shisendo2.jpg
shisendo3.jpg
shisendo4.jpg

庭園がいちばんきれいなのは、5月のサツキと秋の紅葉の時期だそうです。
また足を運びたくなる場所でした。


詩仙堂から徒歩5分くらいのところにある、圓光寺にも行ってきました。
ここには、室町のスタッフからオススメされた水琴窟が。
水琴窟はいろんなところにあるそうですが、
圓光寺のものは特に音が良いとのことです。

enkoji1.jpg

実は私、水琴窟を見るのも聞くのも初めて。
竹筒で聞くものだとは!知りませんでした!!
透明感のあるきれいな音でした。
雨が強くなると音も変わって、おもしろかったです。

こちらではヤマツツジが1本咲いていました。

enkoji2.jpg
enkoji3.jpg

天気のいい新緑の季節に、ぜひまた行きたいです!
posted by muromachi at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の四季

お馬みくじ

2013年04月02日

上賀茂神社のお馬みくじ
上賀茂神社のお馬みくじ
かわいいです。

普通のおみくじと少し違って、
たくさんいるお馬さんの中から、
この子!
と思った馬を選びます。

今回は…

中吉でしたー。


制作部 とくら
posted by muromachi at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ