菅大臣さんの梅

2013年02月25日

13ume_kan-1.jpg
制作部のはやしです。
毎日のように雪が舞う寒い日々ですが、いかがお過ごしでしょうか?
寒いなか出かけるのが億劫になりがちですが、お昼を食べにいく
途中に、菅大臣神社(通称:菅大臣さん)の梅を見に行ってみました。

すると、先週はまだ開花していなかった白梅が、4〜5輪咲いていました。
一本の樹でも早く咲くのがあったり、まだ硬くつぼんでいたり、
十梅十色とでもいいましょうか。自分のペースで花開く梅を
とてもかわいいなと思います。

昨年と同様に開花は遅れ気味のようですが、日も長くなりましたし、
春はすぐそこまで来ているのですね。
ちなみに、枝垂れ梅、飛び梅はまだつぼみの様子でした。

年賀状デザインの企画・制作を行なっている室町スピード印刷では
現在、来年の午年用年賀状デザインの制作を着々と進行しています。
元気で楽しい年賀状をお届けできるよう、馬について考える日々です。

桜に比べると長いあいだ楽しむことができる梅を見ながら、
いつまで見ていても飽きない、人の心をあたたかくするような
年賀状をつくっていけたらと思いました。
posted by muromachi at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の四季

日菓さんの工房

2013年02月12日

制作部のはやしです。
まだまだ寒い日が続いていますが、街角に蝋梅が黄色くて可愛らしい花を咲かせ、
少しずつですが、春の兆しが見えてきました。

辰年に年賀状のデザインとしてお正月の和菓子をつくってくださった
京都の創作和菓子ユニット「日菓」さんが、昨年、紫野(京都市北区)に工房を
オープンされました。
nikkasan00.jpg
お店ではないので通常は店頭販売はされていないのですが
月に一度だけ、お店「月一日菓店」として一般販売されており、
日菓さんの和菓子を1つから買うことができます。

昨日、ちょうど月一日菓店の日でしたので、開店のお祝いも兼ね、お伺いしました。
カフェや銭湯、お蕎麦屋さん、食堂、紙屋さん、作家さんの工房などなど
魅力的なお店がたくさんあるにぎやかな通りに、こぢんまりと素敵な空間が!
nikkasan01.jpgnikkasan02.jpg
もとはわらびもち屋さんだったという(現在は移転)趣のある町家を工房に。
お店ではないので看板は出ていません。小さな呼び鈴がついています。

日菓の杉山さんと内田さん。笑顔で出迎えてくださいます。
おそろいのお洋服がかわいい!
nikkasan03.jpg
この日は、三種類の和菓子が用意されていました。
それぞれの菓名と、お菓子に込められた想いが書かれた紙もあります。
nikkasan04.jpg
(クリックすると拡大できます)

nikkasan05.jpg
(左上)ムーンウォーク (右上)うめぼしのキス (右下)餅景色

味はもちろんのこと、目にも楽しめるユーモアたっぷりの日菓さんの和菓子。
あぁ、食べるのがもったいない!(でもこの後、おいしくいただきました…)

通常は受注制作、販売のみを承っているとのこと。
オリジナルのお菓子をつくってもらうこともできるそうなので、
イベントやお祝いなど、日菓さんの和菓子でおもてなし。いかがでしょうか?
詳しくは日菓さんのブログで・・・受注販売について(日菓のあれこれ)
posted by muromachi at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのお店